2015年12月14日月曜日

MacのOSやアプリのバージョンを調べる方法

MacのOSやアプリのバージョンを調べる方法


この記事では、MacのOSやアプリのバージョンを調べる方法を記します。

まとめてメモアプリ(OS X標準で入ってます)などに記録しておくと良いと思います。

注意

  • この記事のスクリーンショットは(最初から原寸大で表示されてる場合等を除き)クリックすると大きく表示されます。
  • この記事の画面例で示した OS X や各アプリのバージョンは、スクリーンショットを撮った時点の最新版ですが、みなさんがこの記事を読んでる時点での最新のバージョンとは違うかもしれません。

1. OS X、Mac OS X(Macの種類と簡単なスペックもあわせて)

画面左上のりんごの形のアイコンをクリックすると、図1の様なメニューが表示されるので、「このMacについて」を選びます。

図1:画面左上のりんごの形のアイコンをクリックして表示されるメニューと「このMacについて」


すると、図2の様なウインドウが表示されます。
上に書いてあるのが OS X や Mac OS X の愛称とバージョンです。

図2の例では、OS X の愛称の「El Capitan」、バージョンが「10.11.1」であることがわかります。

図2:「このMacについて」を選んで表示されるウインドウの例(画面の一部を加工しています。)

また、この画面ではこのMacについて下記の事がわかります。
  • MacBook Pro 15インチ、ealry 2011 という機種
  • プロセッサ(CPUと言う事も多いです)が Intel Core i7 2.2GHz
  • メモリが 8GB 搭載されている
「Macのスペックは?」と聞かれたら、「このMacについて」で表示される項目のうち、シリアル番号以外の各項目を教えれば、多くの場合十分でしょう。

2. 通常のアプリ(日本語対応の場合)

 メニューが日本語で表示されているアプリの場合、そのアプリを使ってる状態で、Macの画面左上の「(アプリの名称)」メニューから、「(アプリの名称)について」という項目を選ぶと、そのアプリのバージョンがわかります。

例えば、Safari の場合は Safari を使ってる状態で、 図3の様に Macの画面左上の「Safari」メニューから「Safari について」という項目を選びます。

図3:「Safari」メニューと「Safariについて」の項目

すると、図4の様なウインドウが表示されます。
図4:「Safariについて」を選んで表示されるウインドウの例

 図4のウインドウから、Safari のバージョンは 9.0.1 ということがわかります。

3. 通常のアプリ(日本語に対応していない場合)

メニュー項目が日本語に対応していない場合は、おそらく英語のメニューが表示されている事が多いので、「(アプリの名称)」メニューから「About (アプリの名称)」という項目を選びます。

例えば Flash Media Live Encoder の場合は、「Flash Media Live Encoder」メニューから「About Flash Media Live Encoder」という項目を選びます。

図5:「Flash Media Live Encoder」メニューにある「About Flash Media Live Encoder」の項目

すると、図6の様な画面が表示されます。

図6:「Flash Media Live Encoder」メニューから「About Flash Media Live Encoder」を選んで表示されたウインドウ

図6のウインドウから、Flash Media Live Encoder のバージョンは 3.2.1.1122 である事がわかります。

4. 特殊なアプリの例(OBSの場合)

アプリによっては、「この(アプリの名称)」や「About (アプリの名称)」という項目が無い場合があります。

OBS の場合はメインのウインドウのタイトルバーにバージョンが表記されています。

図7:OBSのメインウインドウのバージョン表記

図7の例では OBS のバージョンが 0.12.0 である事がわかります。

5. Flash Player の例

Flash Player のバージョンを調べる時は、http://www.adobe.com/software/flash/about/ にアクセスして表示される画面に表示される「Version Information」のところに書いてあります。


図8:「About Flash Player」のページに表示されているFlashのバージョン(「Version Information」のところ」)

図8では、Flash Playerのバージョンが「20.0.0.235」である事がわかります。


以上です。



更新履歴

  • 2015年12月14日:この記事の作成

2015年10月28日水曜日

このブログへの国別アクセス数

blogger.com は、ブログの管理者がそのブログへの国別のアクセス数やブラウザの種類別のアクセス数が管理ページで見られるのだけど、国別のページ見てみた。

日本
63396
アメリカ合衆国
2569
ロシア
229
フランス
195
ウクライナ
181
ドイツ
128
大韓民国
126
カナダ
103
中国
85
イギリス
67

 
日本以外の各国は概ね在住日本人が比較的多い国な気がするのだけど、ウクライナが意外すぎる。

外務省のデータによると、ウクライナは去年のデータで在留邦人189人らしい。
 

2015年10月9日金曜日

Hosting AU を使ってニコニコ生放送で声にエフェクトをかける方法の例

Hosting AU を使ってニコニコ生放送で声にエフェクトをかける方法の例


0. はじめに

Hosting AU は Mac OS X 上で動作する、Audio Units のソフトウェアシンセサイザーやエフェクターを動かしたり、その音声を録音したりできるソフトです。

機能はかなりシンプルですが、その分 GarageBand よりもかなり軽いです。

この記事では、そんな Hosting AU を使ってニコニコ生放送で声にエフェクトをかける方法の例を説明します。

なお、この記事中のスクリーンショットはクリックすると拡大して表示されます。

1. この記事で使用するソフト

  • Hosting AU (Audio Units ホスト。2015年10月9日現在無料)
  • TAL Reverb 4(リバーブ用エフェクト。2015年10月9日現在無料。リバーブをかけないのであれば不要) 
 Mac (GarageBand かも)では「AUMatrixReverb」というリバーブ用 Audio Units がインストールされますが、筆者がこのAudio Unitsの使い方がよくわからなかったので簡単に操作できる TAL Reverb 4 を使って説明します。

2. ダウンロードとインストール

2.1. Hosting AU は上記リンクから左側の「Download Now!」をクリックしてダウンロードされた「Hosting AU.zip」をダブルクリックすると「Hosting AU」(設定によっては「Hosting AU.app」)というアイコンが表示されるので、それをアプリケーションフォルダに移動して下さい。

2.2. TAL Reverb 4 は上記リンクから右側の「Mac」等と書いてある方のアイコンをクリックしてダウンロードされた「TAL-Reverb-4-installer.pkg」をダブルクリックするとinstallerが起動しますので、インストーラーの指示に従ってインストールして下さい。

TAL Reverb 4 を使う場合は、インストール後にMacを再起動して下さい。

3. Hosting AU の基本的な設定

3.1. Hosting AU を起動すると図1の様な画面が表示されるので、「Ext-In/Track D」のすぐ下の「No Input / Inst」のすぐ左にある白い点をクリックして下さい。


図1:Hosting AU の起動画面

3.2. すると、図2の様なプルダウンメニューが表示されるので、内臓マイクの場合は「Built-in Microphone」、それ以外の場合は使ってるマイクを選択して下さい。

図2:入力選択のプルダウンメニューの例(画像は一部加工しています)

3.3. 次に、図3の右側の「Master」のところにある「Built-in Output」の左側にある点をクリックして下さい。

図3:マイクの選択が終わった状態の例

3.4. すると、図4の様なプルダウンメニューが表示されるので、「soundflower 2ch」か「Soundflower 64ch」のうち、LadioCastを使ってニコニコ生放送をする時に LadioCast の入力側に指定している方の soundflower を選んで下さい。(このブログのほとんどの記事では soundflower 2ch にしているので、この記事でもそうします。)

図4:出力選択のプルダウンメニュー

3.5. 図5の様な画面になったと思います。既に放送を開始している場合は LadioCast で指定したマイクと、Hosting AU 経由でのマイクの音声が2重に放送に流れているので、LadioCast の入力でマイクを選んでいるところを N/A にして下さい。

図5:入力と出力の選択が終了した状態の例

これで基本的な設定が終わりました。

4. 声にエフェクトをかける例1(リバーブ)

次に、声にエフェクトをかけます。ここではリバーブをかけてみます。

4.1. 図5の「Ext-in / Track D」の下にある「No Effect」の左にある白い点をクリックします。すると、図6の様なエフェクト選択のプルダウンメニューが表示されるので、「TAL Reverb 4 Plugin」を選択します。

図6:エフェクト選択のプルダウンメニューの例(画像は一部加工しています)

4.2. 「TAL Reverb 4 Plugin」を選択すると図7の様な画面になるので、「TAL Reverb 4 Plugin」をクリックします。

図8:「TAL Reverb 4 Plugin」選択後の画面の例

4.3. すると、図9の様な画面が表示されます。

図9:TAL Reverb 4 Pluginの設定画面

各項目は下記の様な意味になるので、 ご自分で色々試して下さい。

  • On:クリックすると赤いランプが消えて、リバーブがかからない音がそのまま出力される。
  • Wet:リバーブ後の音声の音量を変える。
  • Dry:リバーブ前の音声の音量を変える。
  • Delay:リバーブ音の遅延を変える。
  • Size:部屋の大きさを変える。(Sizeを大きくすると残響音が長くなる)
  • Lo-Cut:低い周波数をカットする(Lo-Cutを増やすと低い周波数からだんだん高い周波数もカットする)
  • Hi-Cut:高い周波数をカットする(Hi-Cutを増やすと、高い周波数からだんだん低い周波数もカットする)
よくわからない場合は、とりあえず下記の様な設定で試してみて下さい。
  • Dry は最大
  • Delay は最小
  • Size は真ん中
  • Lo-Cut は最小
  • Hi-Cut は白い印が右側に向く位置
  • Wet を最小にしてからだんだん上げてみる
ちなみに上記の設定で「Wet」を真ん中くらいにすると日本の一般家庭のお風呂場みたいなカンジになると思います。


4.4. お気に入りの設定が決まったら、図9の右側の「drop .aupreset to read」等と書いてある部分をクリックすると、このプラグインの設定を保存できます。


図9:プラグインの設定保存ボタン

ただし、保存されるファイル名の拡張子は他のプラグインでも同じ拡張子が使われる為、設定を保存する時は保存するフォルダ名やファイル名にプラグインの名称も含めて保存した方が良いと思います。

保存した設定を呼び出す時は、保存した設定ファイルを図9の設定保存ボタンにドラッグ&ドロップして下さい。

5. エフェクトを一時的に切る

設定したエフェクトを一時的に切りたい場合は、設定したエフェクト名のすぐ右側のボタンを押します。

図10:エフェクトのオン/オフボタン

すると、図11の様にエフェクト名が薄くグレーに表示されます。これでそのエフェクトがオフになりました。

図11:エフェクトがオフになった状態の例

エフェクト名が薄くグレーに表示された状態からもう一度エフェクト名の右側のボタンを押すと、エフェクトがオンになります。

6. 声にエフェクトをかける例2(声の高さを変える)


他のエフェクトも試してみます。「AU Pitch」を使って声の高さを変えてみます。

図8の「TAL Reverb 4 Plugin」の左にある白い点をクリックして表示されるプルダウンメニューから、「AU Pitch」を選んで下さい。

すると、図8の「TAL Reverb 4 Plugin」のところが「AU Pitch」に変わります。この「AU Pitch」をクリックすると、図12の様な画面が表示されます。


図12:AU Pitch の画面


各項目の意味は次の通りです。
  • Pitch:声の高さ。Pitchを下げると声が低くなり、Pitchを上げると声が高くなります。
  • Effect Blend:元の声と高さを変えた後の声のバランスを変える。Blendを上げると声の高さが変わった後の音声の割合が大きくなる。 
  • Smoothness:音の滑らかさが変わるっぽい(けどよくわからなかった)
  • Tightness:音のメリハリ(たぶん)。

基本的には下記の様にして調整するのが良さそう。
  • Effect Blend は100%
  • Smoothness、Tightness は50%
  • Pitch を上げ下げして自分の好みの高さにする。

7. 設定の保存と読み出し

使うエフェクトの組み合わせが決まったら、設定を保存する事で次回以降設定がスムーズにできる。

Hosting AU の「File」メニューから「Save As...」から設定を保存できる。
同じく「File」メニューの「Open...」メニューから保存した設定を読み出せる。

8. その他

図5や図8を見るとわかる通り、1つのトラックにつき3つのエフェクトまで同時に使えます。
 TAL Reverb 4 Plugin 使用時の GarageBandとのCPU使用率とメモリ使用量の比較(
MacBook Pro 15" early 2011  (CPU: Core i7 2.2GHz、メモリ8GB)、OS X 10.10.5 の場合の参考値)

  • GarageBand 10.1.0:CPU 約16% 前後、メモリ 約280MB
    • 但しそれ以外にもAudio Unitsをインストールしているので、真っさらな状態よりは多少負荷が高いと思われる。
  • Hosting AU 1.3.8:CPU 約4%、メモリ 約 18MB

Hosting AU を使っていると、たまに音声がおかしくなる事があります。その場合は Hosting AU を再起動すると正常に戻ります。

更新履歴

  • 2015年10月10日:この記事の作成
  • 2016年2月15日:TAL Reverb 4 インストール後の再起動の記述を追加
  • 2016年3月6日:エフェクトを一時的に切る方法と音声がおかしくなった場合の対応を追加

2015年10月1日木曜日

メモ:ニコニコ活動ガイドラインが公開されてた

メモ:ニコニコ活動ガイドラインが公開されてた


とりあえずメモっておく。

ユーザーの皆さまへ(ニコニコ活動ガイドラインについて)
http://blog.nicovideo.jp/niconews/ni056194.html

ニコニコ活動ガイドライン
http://ex.nicovideo.jp/base/guideline.html


「ユーザーの皆さまへ」の方はガイドライン制定に至った背景的な事が記述されている。

2015年9月29日火曜日

数1,000円〜2円前後で買える Mac で使えるUSB接続のマイク

数1,000円〜2円前後で買える Mac で使えるUSB接続のマイク

ちょっと調べてみたのでメモ代わりに書いておきます。実際に使った事は無いのでどれだけ使える/使えないかは不明です。

凡例


モデル名
  • メーカー名
  • メーカーの公式webページのURL
  • 参考価格(価格をチェックした時期)
  • 指向性
  • 備考

注意

  • 参考価格は、国内正規版の主要通販サイトでの価格。税抜き。価格は為替の変動、セール、モデルチェンジ、その他の要因で変動する事があるので必ずしもこの価格で販売してない事もあります。
  • マイク形状によっては別途マイクスタンドやマイクホルダーが必要になる場合があります。
  • 対応OS Xのバージョンの詳細は各製品のサポートwebページを参照して下さい。
    • 特にOS Xのメジャーバージョンが上がってからしばらくの間は正式対応のアナウンスが出ないことが予想されるので注意して下さい。

マイク一覧


Meteor Mic
  • SAMSON AUDIO
  • http://www.samsontech.com/samson/products/microphones/usb-microphones/meteormic/
  • 約8,000円〜約9,000円(2016年12月中旬)
  • 単一指向性
  • アップルのカメラコネクションキットを使うとiPadにも接続可能(詳細は上記webページ参照)

C01U PRO
  • SAMSON AUDIO
  • http://www.samsontech.com/samson/products/microphones/usb-microphones/c01upro/
  • 約9,000円〜約12,000円(2016年12月中旬)
  • 超単一指向性
  • 備考

400-MC002
  • サンワサプライ
  • http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-MC002
  • 約9,500円(2016年12月中旬)
  • 単一指向性
  • 備考

Widgets A, B, C
  • NEAT
  • http://www.neatmic.com/widgets/
  • 約10,000円(2016年12月中旬)
  • 単一指向性
  • A, B, Cの各モデルの違いはデザインだけみたいだ
H1
  • Zoom
  • https://www.zoom.co.jp/ja/products/handy-recorder/h1-handy-recorder
  • 約10,000円(2016年12月中旬)
  • 単一指向性(?)
  • 本来はPCMレコーダーだが、USBオーディオインターフェースとしても動作する。


TEMPO
  • MXL
  • http://www.mxlmics.com/microphones/usb/Tempo/
  • 約12,000〜13,000円(2016年12月中旬)
  • 単一指向性?(詳しくは上記ページ下部の POLAR PATTERNの図参照)
  • 備考

H2n
  • Zoom
  • https://www.zoom.co.jp/ja/products/handy-recorder/h2n-handy-recorder
  • 約13,000円(2016年12月中旬)
  • 単一指向性、双指向性。(サラウンド収録やVR向け収録も可能)
  • 本来はPCMレコーダーだが、USBオーディオインターフェースとしても動作する。

MOTIV MV5
  • Shure
  • https://www.shure.co.jp/ja/products/microphones/mv5
  • 約13,000〜14,000円(2016年12月中旬)
  • 単一指向性
  • iPhone等のLightning端子搭載のiOSデバイス、OTG対応のAndroidデバイスで使用可能(詳細は上記webページ参照)

AT2020USB+
  • オーディオテクニカ
  • https://www.audio-technica.co.jp/mi/show_model.php?modelId=2669
  • 約15,000〜16,000円(2016年12月中旬)
  • 単一指向性
  • 備考

Q2n
  • Zoom
  • https://www.zoom.co.jp/ja/products/field-video-recording/video-recording/zoom-q2n-handy-video-recorder
  • 約20,000円(2016年12月中旬)
  • 120°XY ステレオ方式
  • 本来はビデオカメラだが、USBカメラやUSBオーディオインターフェースとしても動作する。



更新履歴

  • 2015年9月29日:この記事の作成。タイトルや注意書きの修正。
  • 2015年9月30日:この記事を書いた理由っぽいものをちょっと書いた。
  • 2015年12月12日:C01U PROのメーカー名コピペし忘れてたので追記。Zoom H1を追加。 
  • 2016年12月18日:Zoom H2n と Zoom Q2n と NEAT Widgets シリーズを追加。各モデルについてこの日時点での価格を調べ直した。

2015年9月27日日曜日

ブログタイトル変えた

ブログのタイトル変えてみた。なんとなく。ニコ生の自分のコミュニティ名と同じにした。

2015年9月23日水曜日

OBSの映像小ネタ集

OBSの映像小ネタ集

この記事ではOBSのどの映像を映す場合でも共通する、下記の内容を記します。

  1. 映像ソースの大きさを変える
  2. 映像ソースの名前の変更
  3. クロップ(表示してる映像の一部分をカットする)
  4. 映像の重なりを変える
  5. 映像ソースを一時的に表示しない様にする
  6. シーンの作成と切り替え

注意

  • 下記の画面のスクリーンショットは、一部の画像を除き、クリックすると拡大して表示されます。
  • この記事中の「いわゆる右クリック」は、下記の事を示します。
    • ボタンが2つ以上あるマウスや Apple Magic Mouse の場合は右クリック
    • ボタンが1つしかないマウスやトラックパッドの場合は control キーを押しながらクリック
    • (設定によってはトラックパッドを二本指でクリック)

OBSでニコニコ生放送をする方法シリーズ


この記事も含めてシリーズ化したのでご覧下さい。

  1. Mac の OS X 上の OBS 0.10.1 でニコ生をする方法 その1:基本編
  2. Mac の OS X 上の OBS 0.11.2 でニコ生をする方法 その2:映す内容を変える
  3. OBSの映像小ネタ集(この記事)


1. 映像ソースの大きさを変える


何か映像を表示した時に、映像の一部が拡大されて、全体が表示されない場合があります。

図1:画面キャプチャで一部分しか表示されない場合の例

この場合、下記の様に操作する事で全体を画面サイズぴったりに表示したり、さらに大きさや位置を変える事ができます。

最初に、「ソース」部分にある大きさを変えたい映像ソースをいわゆるクリックします。
(図2の例では画面キャプチャをクリックしていますが、画像や映像キャプチャデバイスの大きさを変えたい時は、その項目をクリックして下さい)

クリックして command キーを押しながら f キーを押して下さい。すると、図5の様に画面全体に表示されます。


command キーと f キーを同時に押せない場合は、いわゆる右クリックを押して下さい。

図2:ソースで大きさを変更したい映像ソースを選ぶ

図3の様なメニューが表示されるので、「変換」を選んで下さい。

図3:大きさを変えたい映像ソースをいわゆる右クリックした時に表示されるメニュー

「変換」を選ぶと、図4の様なメニューが表示されるので、「画面に合わせる」を選んで下さい。

図4:「変換」を選んで表示されるメニューと「画面に合わせる」

こうすると、図5の様に画面全体に映像ソースが表示されます。(OBSの設定と表示する映像ソースの縦横比の違いにより、上下もしくは左右に黒帯が表示される場合があります)
今回の例は画面キャプチャですが、他の画像、映像キャプチャデバイス、ウインドウキャプチャ等でも同様です。

図5:画面全体に画面キャプチャが表示された例

また、OBSのプレビュー画面にある赤い枠をドラッグする事で、図6の様に表示する映像の位置や大きさを変更する事ができます。
図6:表示する映像の位置や大きさを変更した場合の例


2. 映像ソースの名前の変更

画像、ウインドウ、映像キャプチャデバイス等、同じ種類の映像ソースを複数指定すると、OBSの映像ソース選択画面でどれがどれだかわかりにくくなる事があります。

そういう時は名前を変更する事で、わかりやすく区別する事が出来る様になります。 手順は下記の通りです。

最初に名前を変更したい映像ソースをいわゆる右クリックします。

図7:映像ソースの場所

図8の様なメニューが表示されるので「名前を変更」を選びます。

図8:メニューの「名前を変更」

名前部分が文字を入力できる様になります。

図9:名前入力画面

ご自信がわかりやすい名前を入力します。(ここでは、Charlestonのウインドウを映してるウインドウキャプチャを「Charleston」という名前に変更します)

図10:「Charleston」に名前を変更した場合の例

同様に、Safariを映してるウインドウキャプチャの名前を「Safari」に変更した場合の例です。

図11:もう1つのウインドウキャプチャの名前も変更した場合の例


3. クロップ(表示してる映像の一部分をカットする)

映している映像ソース(画面キャプチャ、画像、ウインドウキャプチャ、内臓カメラや外付けカメラ等)のうち、どこかをカットして表示したい場合はクロップというフィルタを追加する事でできます。

今回は図12のウインドウキャプチャの青枠で囲んだ部分をカットして表示する場合を例に説明します。

カットしたい映像の映像ソースをOBSのソースで選んでからいわゆる右クリックをします。

図12:ウインドウ全体を表示した例

図13の様なメニューが表示されるので「フィルタ」を選んで下さい。

図13:ソースを右クリックした時のメニューと「フィルタ」項目
「フィルタ」を選ぶと、図14の様なフィルタ設定画面が表示されるので、左下にある「+」ボタンを押して下さい。

図14:フィルタ設定画面と「+」ボタン

図14の「+」ボタンを押すと、図15の様なフィルタ追加メニューが表示されるので、「クロップ」を選んで下さい。

図15:フィルタ追加メニューの「クロップ」

図16の様なダイアログが出るので、「OK」ボタンを押して下さい。

図16:フィルタ名入力と「OK」ボタンのダイアログ

図17の様なクロップ設定画面が表示されるので、カットしたい方向の項目に数値を入れて下さい。(図17では既に「上」の項目に数値を入力した後の状態です)

図17:クロップ設定画面

数値の入力が終わったら、図17の右下にある「閉じる」ボタンを押して下さい。
すると、図18の様に図12の上部がカットされた状態になりました。


図18:画面の上部をカットした場合の例


4. 映像の重なりを変える


複数の映像ソースを表示してる時に、映像の重なる順序を変えたい場合があります。

図19の様に絵が上になってる状態から、図20の様に花の写真が上にしてみます。

OBSの重なる前後の順番を変える場合には、OBSの「ソース」部分にある映像ソースをドラッグして順番を変えると、重なる順番が変わります。

図19ではOBSの「ソース」の上の方に「へのへのもへじ」の絵を指定したソースがあるので、表示された画面では「へのへのもへじ」の絵の方が前面に表示されています。

図19:映像が重なった例(絵が上)

図20ではOBSの「ソース」部分にある「花」の方が「へのへのもへじ」よりも上にあるので、花の写真の方が前面に表示されています。

図20:映像が重なった例(花の写真が上)

ここでは両方ともに画像ファイルの例ですが、画像ファイルに限らず、画面キャプチャ、映像キャプチャデバイス、ウインドウキャプチャでも同様にできます。


5. 映像ソースを一時的に表示しない様にする


放送中に一時的に特定の映像ソースだけ表示をオフにしたい時は、下記の様にします。
 オフにしたい映像ソースの左側にある、目玉みたいなマークをクリックしてください。

図21:一時的にオフにした映像ソースの左側の目玉みたいなマーク

すると、図22の様に、クリックした方の映像ソースだけが表示されなくなりました。

図22:Safariの表示が一時的にオフになった状態の例

元に戻すには、再度目玉みたいなマークをクリックして下さい。

6. シーンの作成と切り替え

色々な映像ソースの組み合わせパターンで放送する場合、映像ソースの設定を一々設定するのが面倒ですが、そういう場合はシーン機能を使うと簡単に切り替えられます。

シーン機能を使うと、例えば
  • ゲーム配信と雑談配信
  • 料理配信で料理中の画面と食事中の画面
  • 雑談配信のオープニング画面と雑談中の画面
みたいなカンジで複数の映像ソースの組み合わせパターンを簡単に切り替える事ができます。

OBSで映したい映像ソースのパターンが1つできたら、OBSの「シーン」にある「+」のボタンを押し、シーンの名前を入力後「OK」ボタンを押します。

図23:「シーン」の「+」ボタンとシーン追加のダイアログ

入力したシーンの名前を選んでから別の映像ソースのパターンを設定します。

図24:シーン追加後、別のソースを追加した状態

OBSの「シーン」の各シーンをクリックする事で、複数の映像ソースのパターンを簡単に切り替える事ができます。


7. 音声を遅らせる


映像と音がずれる場合、音声が先に出ている時は音声を遅らせる事で映像と音声のタイミングをあわせたり、ズレを少なくする事ができます。

OBSのメインウインドウのミキサー歯車ボタンを押します。

図25:ミキサーの歯車ボタン

すると、図26の様な「オーディオの詳細プロパティ」というウインドウが表示されるので、音声を遅らせる長さの数値を入力します。

単位はミリ秒なので、例えば 0.5 秒遅らせたい場合は「500」、1秒遅らせたい場合は「1000」と入力して下さい。

図26:オーディオの詳細プロパティのウインドウ


更新履歴


  • 2015年9月23日:この記事の公開
  • 2015年9月27日:画面のクロップの内容の追加
  • 2015年9月30日:映像の重なり、映像ソースの一時的なオフ、シーンの作成と切り替えの内容を追加。タイトルから暫定版の文字を削除。
  • 2015年10月16日:各項目に番号を追加。音声を遅らせる方法の追加。

2015年9月21日月曜日

Mac の OS X 上の OBS 0.11.2 でニコ生をする方法 その2:映す内容を変える

Mac の OS X 上の OBS 0.11.2 でニコ生をする方法 その2:映す内容を変える

この記事は、どの映像を映す場合も必ず「はじめに」と「注意」と「事前の準備」を読んでから映したい映像の項目を読んで下さい。

はじめに


OBSでは下記の様な映像を映す事ができます。
  • 静止画
  • 内蔵カメラ(Facetimeカメラ、iSightカメラ)や外付けUSBカメラ
  • デスクトップ画面全体
  • 各アプリのウインドウ
  • 外部映像キャプチャ機器
  • 文字
  • その他
この記事ではOBS初心者向けにそれぞれの設定方法を説明します。

OBSでニコニコ生放送をする方法シリーズ


  この記事も含めてシリーズ化したのでご覧下さい。
  1. Mac の OS X 上の OBS 0.10.1 でニコ生をする方法 その1:基本編
  2. Mac の OS X 上の OBS 0.11.2 でニコ生をする方法 その2:映す内容を変える(この記事)
  3. OBSの映像小ネタ集 

注意

  • 勢いで書いたので、公開当初は語彙やですます調の不統一、誤字脱字、その他間違いが多いかもしれません。お気付きの点があればコメントを頂ければ幸いです。
  • 下記のスクリーンショットの画像はクリックする事で拡大して表示されます。
  • この記事中の「いわゆる右クリック」は、下記の事を示します。
    • ボタンが2つ以上あるマウスや Apple Magic Mouse の場合は右クリック
    • ボタンが1つしかないマウスやトラックパッドの場合は control キーを押しながらクリック
    • 設定によってはトラックパッドを二本指でクリック

0.  事前の準備(映像ソースは何も選ばない(何も映さない)状態にする)


OBSの画面の「ソース」部分にある項目をクリックしてから、その下にある「-」のボタンを押します。

図1:OBSのソースの選択と「-」ボタン

図2の様な確認ダイアログが表示されるので、「はい」を押します。

図2:確認ダイアログ

すると、OBSの「ソース」にあった項目が削除されて、OBSのプレビュー部分が真っ黒になります。

図3:OBSのソースが削除された状態

 次に、OBSの「ソース」部分の「+」ボタンを押します。

図4:OBSのソースの「+」ボタン

すると、図5の様なメニューが出てくるので、表示したい項目を選んで下さい。

図5:OBSのソース選択画面


各項目と映す内容の対応は下記の通りです。

  • 画像:Mac内の静止画ファイル
  • 映像キャプチャデバイス:Mac内蔵のカメラ、外付けUSBカメラ、一部のキャプチャ機器
  • 音声入力キャプチャ:音声入力機器等(この記事では説明しません)
  • 音声出力キャプチャ:音声出力機器等(この記事では説明しません)
  • 画面キャプチャ:Macのデスクトップ画面
  • ウインドウキャプチャ:Macに表示されてる個別のウインドウ
  • ゲームキャプチャ(サイフォン):多くのキャプチャ機器等
  • メディアソース:ストリーミング放送等(この記事では説明しません)
  • テキスト(FreeType 2):文字、テキストファイル

1. 画像(Mac内の静止画ファイル)

図4の「ソース」の「+」ボタンを押し、図5のメニューが表示されたら、「画像」を選んで下さい。

図6の様な画面になります。

図6:ソースで画像を追加した時に表示されるダイアログ

「新規追加」を選び、名称はそのままかわかりやすい名前を入力し、「OK」ボタンを押します。

図7の様なウインドウが表示されるので、「参照」ボタンを押し、表示したい画像ファイルを選んで下さい。

図7:画像のプロパティウインドウと「参照」ボタン

画像ファイルを選ぶと、画像ファイル名等が表示されるので、これでよければ「OK」ボタンを押して下さい。

図8:画像ファイルを選択した状態と「OK」ボタン

すると、画像ファイルが表示されます。

図9:画像ファイルが表示された状態の例

OBSの設定や画像サイズによっては、画像の一部分しか表示されないので、OBSの映像小ネタ集の「1.映像ソースの大きさを変える」(別記事)を参考に見せたい大きさに変更して下さい。

図10は画面いっぱいにフィットする大きさで画像を表示した例、図11は表示サイズと位置を変えた例です。

図10:画像ファイルを画面にフィットするサイズに表示した例



図11:画像ファイルの表示サイズや位置を変えた例



2. 映像キャプチャデバイス(Macの内蔵のカメラ、外付けUSBカメラ、一部のキャプチャ機器)


図4の「ソース」の「+」ボタンを押し、図5のメニューが表示されたら、「映像キャプチャデバイス」を選んで下さい。

図12の様な画面になります。

図12:ソースで映像キャプチャデバイスを追加した時に表示されるダイアログ

「新規追加」を選び、名称はそのままかわかりやすい名前を入力し、「OK」ボタンを押します。

図13の様なウインドウが表示されるので、「デバイス」のプルダウンメニューから表示したいカメラ等を選びます。

図13:映像キャプチャデバイスのデバイス選択画面

 Facetimeカメラ(ノート型MacやiMacに内蔵されてるカメラ)を選ぶと図14の様なウインドウになります。(Macの機種によっては iSightカメラとなってる場合もあります)

図14:Macの内蔵カメラを選んだ画面の例(カメラに映った部分はモザイク処理しています)

「プリセット」の部分は「640×480」やそれに近い数値のものを選ぶと良いでしょう。(カメラによって選べる数値が変わります)

すると、内蔵カメラの映像が表示されます。

図15:Macの内蔵カメラを選んだ画面の例(カメラに映った部分はモザイク処理しています)

OBSの設定や使用するカメラの種類によっては、カメラ映像の一部分しか表示されないので、OBSの映像小ネタ集の「1.映像ソースの大きさを変える」(別記事)を参考に見せたい大きさに変更して下さい。

図16は画面いっぱいにフィットする大きさでカメラ映像を表示した例、図17は表示サイズと位置を変えた例です。

図16:カメラ映像を画面にフィットするサイズに表示した例


図17:カメラ映像の表示サイズや位置を変えた例


3. 画面キャプチャ:Macのデスクトップ画面


図4の「ソース」の「+」ボタンを押し、図5のメニューが表示されたら、「映像キャプチャデバイス」を選んで下さい。

図18の様な画面になります。

図18:ソースで画面キャプチャを追加した時に表示されるダイアログ

ここで「OK」を押すと、図19の様にデスクトップ画面が表示された状態になります。


図19:デスクトップ画面が表示された状態の例

ニコニコ生放送向けの通常の設定では、図19の様に画面の一部分だけしか表示されません。
ですので、OBSの映像小ネタ集の「1.映像ソースの大きさを変える」(別記事)を参考に見せたい大きさに変更して下さい。


図20:デスクトップ画面全体を画面にフィットするサイズに表示した例

また、画像やカメラ映像と同様にプレビュー部分の赤い枠をドラッグする事で、表示する大きさや位置を変える事ができます。

4. ウインドウキャプチャ:Macで表示されてる個別のウインドウ

図4の「ソース」の「+」ボタンを押し、図5のメニューが表示されたら、「映像キャプチャデバイス」を選んで下さい。

図21の様な画面になります。

図21:ソースで映像キャプチャデバイスを追加した時に表示されるダイアログ


「新規追加」を選び、名称はそのままかわかりやすい名前を入力し、「OK」ボタンを押します。

図22の様なウインドウが表示されるので、「ウインドウ」のプルダウンメニューから表示したいウインドウを選んで下さい。

一部のアプリの設定画面等の一部のウインドウが一覧に出ない場合もありますが、その時は「ウインドウ」のプルダウンメニューの下の「空の名前でウインドウを表示」にチェックを入れると表示されます。


※ OBSの設定画面はウインドウキャプチャでは表示できないので、OBSの設定ウインドウのスクリーンショットを撮って、それを表示する事で実用的な大きさで映す事ができます。

図22:ウインドウ選択画面

ウインドウを選ぶと、図23の様にウインドウのプレビューが表示されるので、これでよければ「OK」ボタンを押します。

図24:ウインドウを選択してプレビューに表示された状態の例

すると、図25の様に表示されます。

図25:指定したウインドウが表示された状態の例


ニコニコ生放送向けの通常の設定では、図25の様に画面の一部分だけしか表示されません。
ですので、OBSの映像小ネタ集の「1.映像ソースの大きさを変える」(別記事)を参考に見せたい大きさに変更して下さい。

図26は画面全体にウインドウ全体を表示させた例です。(OBSで表示する画面と表示するウインドウの縦横比の違いにより、上下もしくは左右のどちらかに黒い帯が入る場合があります。)

図26:画面全体にウインドウ全体を表示させた例

また、図26のプレビュー画面の赤い枠をドラッグする事で、表示するサイズや位置を変える事ができます。図27は変更した例です。

図27:ウインドウのサイズと位置を変更した場合の例

5. ゲームキャプチャ(サイフォン):多くのキャプチャ機器等

(筆者はキャプチャ機器類持ってないのでこの手の記事を書くかどうか未定)


6. テキスト(FreeType 2):文字、テキストファイル 

図4の「ソース」の「+」ボタンを押し、図5のメニューが表示されたら、「テキスト(FreeType 2)」を選んで下さい。

図28の様な画面になります。

図28:ソースでテキスト(FreeType 2)を追加した時に表示されるダイアログ

「新規追加」を選び、名称はそのままかわかりやすい名前を入力し、「OK」ボタンを押します。


すると、図29の様なウインドウが表示されます。

図29:テキスト(FreeType 2)のプロパティウインドウ

図29の「テキスト」の部分に表示したい文字を入力して下さい。この記事では「こんにちは。」と入力します。

日本語の文字等を入力すると、図30の様に文字化けしてしまう場合がありますが、その時は「フォントを選択」ボタンを押して、日本語なら日本語のフォントを選んで下さい。

文字の大きさを変える場合も「フォントを選択」ボタンを押して大きさを変えて下さい。

図30:文字化けした場合の例と「フォントを選択」ボタン

すると、図31の様に文字化けが直りました。

図31:文字化けが直った場合の例

色を変える場合は、「フォントを選択」ボタンや文字を入力した「テキスト」の部分を少し下にスクロールすると、色を設定する項目が表示されるので、ここで色を設定して下さい。

図31の様に色を設定する項目は2箇所ありますが、違う色を指定すると文字の色がグラデーションになります。同じ色を指定すると、文字の色は同じになります。

図31:色を設定する項目

図32は色をオレンジっぽい色に変えた場合の例です。

図32:オレンジっぽい色を指定した場合の例

設定項目をさらに下にスクロールすると、文字に輪郭や影をつける事ができます。
背景色と文字色が似たような色や明るさの場合は、 輪郭や影をつけた方が見やすくなる場合が多いと思います。

図33:文字に輪郭や影をつける設定項目

表示したい文字、フォントの種類や大きさ、色等が決まったら「OK」ボタンを押します。

すると、図34の様に文字が表示されます。

図34:文字が表示された場合の例


更新履歴

  • 2015年9月21日:この記事の公開(疲れた...)
  • 2015年9月21日:OBSでニコニコ生放送をする方法シリーズへのリンクを追加
  • 2015年9月22日:OBSのバージョン表記が間違っていたので修正。
  • 2015年9月23日:OBSの映像小ネタ集の公開に合わせてリンクの追加や文言の修正、誤字修正。